生態系農法とは

生態系農法

生態系農法

『 百姓道 有元農場 』で活用中の農法です。
化学肥料・化学農薬・遺伝子組み換え技術にたよらない、生態系の力を最大限引き出す農法です。
栽培期間中は土・人体・お野菜に害のある農薬・肥料は一切使用しません。
自然と生物多様性を大切にし、古くからの知恵と最先端の農業技術をかけあわせた農法です。

巨大企業を中心とした工業型農業ではなく、人々と百姓、つまり消費者と生産者を中心におきコミュニティのつながりを深めます。

現在日本では『ネオニコチノイド系』の農薬の認可がどんどん認められています。この『ネオニコチノイド系』の農薬は自然界では年々 ミツバチ を減少させてきた原因とされています!!人体への影響としては幼児の発育障害を引き起こすとされています!!

私達人間は自分たちの手で生態系を破壊し、障害の残る子供を自分たちで作り出し育てているのです。

百姓 = 農業 = 生態系 = 環境 全て繋がってます。

『百姓・農業は生態系を考え環境を守らないといけない。』

自然界にとってもの凄く重要なポジションの仕事です。
有元農場では各数十ヵ所の畑全てにその場所だけの生態系があると考えております。
気温・湿度・土質・傾斜・日当たり・草・虫・等々全て違います!!全てに存在する意味があります!

各畑ごとの生態系にあった土作りをして、各畑ごとの生態系にあった管理をしていく考え方です。
土作りも自然界にある約十五種類ほどの土着菌を使い微生物の力を借りて土作りをしていきます。

土の力を最大限引き出すやり方です。

土の力を最大限引き出すやり方です。

野菜も畑にある程度返さないといけないという考えなのでいつも、20%~30%は畑(土)にお返しします!!
人はあくまでも生態系に勝手に入ってきた方ですから!

でもそうやって環境を考え、生態系と一体化し微生物や草や虫達と共存共栄してできたお野菜は最高の味になります。そしてそのお野菜を食べれば細胞を活性化し自然治癒力を高め病原菌に負けない体を作ります。
うちの子供達で実証済みです。。

有元農場では環境を考え、各場所の畑の生態系にあった土作りをして自然と一体化し最高な味の野菜を作り、消費者の皆様へお届けしております。オーガニック基準の環境の中、生態系農法で作った有元農場の完全農薬不使用のお野菜を是非とも食べられてみて下さい!!

(ご注意)
当農場の認定・栽培方法はGAP認定・JAS認定とは一切関係ありません。

本物の野菜を

本物の野菜を

1年に何回も収穫したり、作物が育つスピードを上げるという人工的な栽培方法ではなく、雑草や他の草花と同じように力強く、自然の摂理を活かして育てております。

こうしたサイクルを循環した野菜は、人の手を加えられた野菜に比べて丈夫で生命力が高いので、栄養面でも味覚面でもより高品質な野菜になります。

自然の中でたくましく育った上質な野菜を是非一度ご賞味ください。